Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリエ

 
ペリエの水源は南フランスのヴェルジェーズ。その歴史は古く、紀元前ローマ時代まで遡ります。カラダの乾きを潤すだけでなく、心地いい刺激を与えてくれるこの「泉」の水は、古くから人々に愛されてきました。

今も昔と変わることなく、泉の水は湧き続けています。今日「ペリエ」の故郷として世界に知られるようになったこの泉の顔ともいえるシャトーのホールやミュージアムには、ペリエの歴史の古さを物語る貴重なアイテムが並んでいます。1903年に商品化が始まってから一世紀。ペリエは爽やかなグリーンのボトルに詰められて、今日も世界中の人々のもとへ届きます。

ペリエ」は、天然炭酸入りのナチュラルミネラルウォーターです。水源は南フランスのヴェルジェーズという町で、カルシウムなどのミネラルを含んだ鉱泉水です。爽快感をもたらす炭酸が長い間はじけているのも特徴です。

そのまま飲んでも、また紅茶やお酒とブレンドしてもおいしくいただけます。はじける喉越しを楽しみながら、爽やかなひと時をお過ごしください。

 原材料名 鉱泉水
成分等 含有量等
カルシウム 147.3mg/l
マグネシウム 3.4mg/l
ナトリウム 9.0mg/l
カリウム 0.4mg/l
pH 4.99
硬度 381.9

エビアン

 

標高約850メートルに位置するエビアン採水地周辺は、厳しいEUの基準に基づき、あらゆる汚染から 保護されている地域です。氷河期に形成されたこの地層は、とても高いろ過能力に恵まれた層と不浸透性の粘土層によって構成されています 。

モンブラン周辺のフレンチアルプスの北麓に降り積もった雪や雨は、この巨大な天然フィルターの中を長い歳月をかけてゆっくりと流れていきます。その間に、鉱物質の帯水層から多くの ミネラルを与えられ、「エビアン」は理想的なミネラルバランスを保つすばらしい水へと 生まれ変わっていくのです。

エビアン」の採水地の地層は地質学的にいえば、新生代のアルプスでの最終氷河期、ビュルム氷河期に、ローヌ河が前進した際の地層となります。下層の氷成堆績物と 上層の氷成堆績物(氷礫土・ひょうたくど)の間が河床や三角州の砂土から成る鉱物質の帯水層になっています 。

さらに採水口付近の下層の氷成堆績物の下には、非常に古い氷成堆績物に重なる 氷礫のベースと新生代以前の岩石の地層があります。

こうした地層のフィルター効果で「エビアン」は、類まれなる理想的なミネラルバランスで、一定の温度を保って湧き出る水として採水されるのです 。



エビアンの品質

エビアン」は水源から、一瞬たりとも外気に触れることなく、特別設計のステンレスパイプを通ってボトリング工場へと流れてきます。“ピュアな水”の純粋さを保つために工場は、産業・化学・細菌等の汚染からもしっかりと保護されています。生産もEUの厳しい基準に則して行われ、徹底した品質管理がなされています。

エビアン」専用のPETボトルも厚生省から認可された原料を用い自社生産を行っていますので、より確実な品質管理を可能としているのです。容器はイオン化された無菌エアーで洗浄し、水が注がれます。充填後は即座に栓をし、ラベルが貼られ、その後に適合検査が行われます。

1日に500万本以上ものボトリングが行われる十数室のボトリングルームは、フィルターを通した空気をわずかに加圧して噴射するなどの厳重な衛生管理によって、外部からの汚染をシャットアウト。清潔で安全な室内環境を実現しています。

エビアン」は、工場と品質管理部にある研究所によって、その品質が常に監視されています。採水地から完成品にいたるまで、細菌学検査は毎日行われ、水の成分の安定性の確認のために物理化学検査も行っています。こうして、偶発的な汚染の発生がないことを確認しているのです。 ボトルの原料についても、「エビアン」の品質を保持する能力の検査が行われています。こうした徹底的な品質管理により、1995年にはISO9002、2000年にはISO14001、2002年にはISO9001(2000年版)の認証を受けました。



エビアンの街、エビアン・レ・バン

世界有数の自然保護区、アルプス。モンブランなどの雄大な山々が連なるアルプスの山岳地帯が彩る大自然に恵まれたところ、それがローヌ・アルプ地方の特徴です。その多彩な自然の宝庫の中に、エビアン・レ・バンは位置しています。 ここローヌ・アルプ地方は、フランスの南東部に位置し、広大な面積が織りなすさまざまな地理的条件や恵まれた自然環境を活かしたレジャー施設の整備により、今ではフランス有数の観光地としての地位を築いています。

エビアン・レ・バンは、スイスとイタリア両国にまたがるアルプス山脈を頂くオート・サヴォア県に属す自然の中のリゾート地のひとつです。パリから約580km、レマン湖をはさんで対岸はスイスのローザンヌ。湖畔の小さなこの町は“レマン湖の真珠”と謳われています 。

パリから電車を乗り継ぎ、エビアン・レ・バン駅で降りれば目前には、レマン湖の景観が広がります。その背後にはアルプスの山々。エビアン・レ・バンは、湖と山にはさまれたローヌ・アルプ地方を代表するスパ・タウンです。古くから温泉(鉱泉)リゾートとして知られてきた伝統的なアルプスの町は、 ゴージャスなスパ施設を備えた高級温泉リゾートとして、 多くの観光客の人気を集めています。

エビアン・レ・バンの町の名を一躍有名にしたのがナチュラルミネラルウォーター。古くはガリア・ローマ時代にまで遡り、今でもエビアン水を利用したハイドロテラピーやエステティック・センターの施設があるなど、水の町として栄えているのです。町の名がつけられた「エビアン」は、 このようなところで製造されているのです 。

 

ボルヴィック

 

フランス中部オーヴェルニュ地方で生まれたボルヴィック。そのおいしさの秘密は、約1万年前の火山活動で生まれた特別な地層にあります。この自然のフィルターをゆっくりとくぐり抜け、火山のパワーを授かりました。ヨーロッパでは珍しい硬度60度の軟水で、ミネラルをバランスよく含み、まろやかな飲み口のおいしい水です。

ヨーロッパでナチュラルミネラルウォーターと言えば、水源から採水された水にいっさいの殺菌処理をせずにボトリングされた物。もちろん、ボルビックも厳しい水質検査と水源の環境検査に合格した本当のナチュラルミネラルウォーターです。


熱殺菌をしないで飲める純粋な水

ボルヴィックをはじめとした、ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターは、熱殺菌処理や濾過などの人工的な処理がまったくされていない純粋な水。だから、自然の水の、本当の自然のおいしさを味わえます。

日本人の口に合う、まろやかな軟水

火山帯特有の自然のままの大地を、ゆっくり長い時間を掛けてくぐり抜けてきたボルヴィックの水は、ミネラル成分がバランス良く含まれている、ヨーロッパでは珍しい硬度50度の軟水。これが日本人の味覚にピッタリ合うおいしさの秘密です。軟水特有のスッキリとライトな飲み口が、日本での高い評価に繋がっています。

からだにうれしい、ミネラル成分

ボルヴィックはpH値が7.0と中性で、ナトリウム分が少ないため、健康管理や塩分の摂取制限を必要とする方の食事に適しています。また、低いカルシウム分は、尿のコンディションを整える為の食事に向いているだけでなく、乳児のミルクや出産前後の妊婦にとっても理想の水です。

 

コントレックス

 

ミネラルウォーター「コントレックス」の起源は、200年以上昔にさかのぼります。1760年にポーランドの国王の侍医バガールがフランスのロレーヌ地方にあるコントレックス・ヴィルに湧くミネラルウォーターに関する論文を発表したのが、その歴史の始まり。1774年にはルイ15世の侍医がコントレックス・ヴィルに最初のスパを建設し、世界中のセレブたちの間で大ブームに。そして1861年、コントレックス・ヴィルから湧出する水が、フランスの厚生省によって国内初のナチュラルミネラルウォーターとして公認されました。

1954年からはフランス国内でこのナチュラル・ミネラルウォーターの広告キャンペーンが展開され、1976年には正式名称が「コントレックス」に決定しました。現在では世界で第4位、フランス国内で第2位のシェアを誇る水となり、40カ国以上の人々から愛されています。


フランスの北東部のヴォージュ山脈に位置する、ミネラルウォーター「コントレックス」の水源地、コントレックス・ヴィル。採水地周辺の約4,100ヘクタールもの土地は、現在、環境保護地域に指定されています。地下深くから採水し直接ボトリングされ、ろ過、沈殿、加熱殺菌などの処理が行われることのないフランスのナチュラル・ミネラルウォーター「コントレックス」にとって、クリーンな土壌環境は欠かせません。農薬や化学肥料といった有害物質により水源が汚染されることのないように、専門家が自然農法を指導するなど、徹底した保護活動が行われています。

ミネラルウォーターはその硬度によって、「硬水」「中硬水」「軟水」の3つに大きく分かれます。硬度とは、水の中にカルシウムとマグネシウムがどれくらい含まれているかを数字で表したもの。一般的に、硬度が100以下のものは「軟水」、100から300までだと「中硬水」、そして300以上が「硬水」といわれています。こうした硬度によって、味にも違いが表れます。「コントレックス」の硬度は1551と非常に高レベル。豊富な成分を感じながら、ゆっくりと噛むように「コントレックス」を飲みましょう。

 

Appendix

ミネラルウォーター カテゴリー

ミネラルウォーター メニュー

ミネラルウォーター アーカイブ

ミネラルウォーター トラバ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。